在宅訪問診療とは

具合が悪くなった時に医師が診察に伺うだけではありません。お一人で生活している、歩行が困難で通院困難となっているお宅に、日常的に医師が定期的に診察にお伺いし、住み慣れた家で過ごしたいという方が、医療を受けることが出来る仕組みです。

ご本人だけではなく、ご家族のケアも念頭にいれて、多業種(医師、ケアマネージャー・訪問看護師・訪問薬剤師・理学療法士・ヘルパーなど)の方々と連携をとり、患者さんの治療にあたっています。予想されるリスクを軽減し、入院が必要な状態を未然に防ぐことも重要な役割です。

自宅で最期まで過ごす希望があれば、療養生活を続けられるよう、在宅患者さんを総合的にサポートします。病状に応じ治療や緩和ケアを行い、最期の時まで責任を持って診療に当たります。